2018年09月01日

エジプトの粗大ごみの行方

 エジプトの生活ごみは、ザッパリーンが回収に来ることを書いたが、粗大ごみ特に冷蔵庫や洗濯機などの轍を含んだごみの行方がイマイチわからずじまいだった。
 エジプトでは、昔日本であったように廃品回収屋の荷車やトラックが「売る鉄くずごみありますかー?」と住宅街を回り、無料でまたは小額で買ってくれる。この後は、どうなるのかわかっていなかった。ところが、今年の9月から大学5年生になる息子が、エジプト第1位、世界ランキング37位のアエズ製鉄所に仕事のトレーニングに2週間行き始め、この屑鉄の行き先がわかった。廃品回収業者は、この屑鉄を買ってくれる業者のところに持って行き買ってもらう。最後は、息子がトレーニングに行っているような製鉄所に持って行かれ、溶かされ鉄の塊になったり、鉄の棒になったりして再利用される。
 屑鉄は、エジプトからだけでなくヨーロッパからも輸入されている。ヨーロッパからの屑鉄は、分別がより丁寧にされているのでエジプトの屑鉄よりも高いそうだ。
 ちなみに、このアエズ製鉄所は、ISO(国際基準化機構)の認定を受けているそうだ。鉄鉱石を輸入し、国際規格にのっとり鉄を製造し、組織の品質活動や環境活動を管理するための仕組み(マネジメントシステム)がしっかりしているということだ。実際、常に安全管理をする職員が工場内を見回り、安全を脅かすような行為をする職員には罰金を科したり、安全教育をするそうだ。工場で働く人には、中毒にならないために一酸化炭素などの気体探知機を身に付けることを義務付けられている。
 エジプトにも、こんな近代的な工場があるなんて驚きだった。息子の話では、工場に持ち込まれた屑鉄は、何回も溶かされ、固められ、純度を高くしていくそうだ。そして、屑鉄から出た埃でさえも固められ、何に使うかわからないが商品として売られるそうだ。この工場からゴミは、でないという説明を受けたそうだ。
posted by エジプト日誌 at 22:42| Comment(0) | 日記

2018年08月23日

働くアメリカ人

 アメリカに来て2週間。いろいろな人に会って話を聞いて驚いたことは、アメリカの労働形態の変化だ。フルタイムも、パートタイムも、時給で働いている。管理職でさえ時給で働いているのは珍しくない。
 なぜこうなったかを日系スーパーマーケットの人事課で働いている友達にたずねると、サービス残業をなくすことが発端らしい。しかし、有給休暇はなくなり働いた時間以外は支払われないことになっているようだ。フルタイムの従業員には、保健加入などの会社負担が増えるため、パートタイム従業員を増やしている。アメリカでは、正社員のオーバータイムは1.5倍の時給を支払わなければならないので、正社員のオーバータイムを制限している。
 アメリカの物価は、17年前に比べ、3倍になっているように見える。給料は、3倍にはなっていない。だから、アメリカ人は、2,3の仕事を掛け持ちしながら生活を維持している。不法移民は、トランプが何をしようが減ることはない。常に低賃金労働者は、供給され続ける。
 このアメリカの状況は、明日の日本に見えてくる。
posted by エジプト日誌 at 01:22| Comment(0) | 日記

2018年08月17日

17年ぶりのアメリカ

 今年アメリカを訪れるのは、今度で2回目だ。3月に渡米した時、1番行きたかったのは、貿易センタービル跡地だ。  9.11のテロがあった時から、マンハッタンには1度も行っていなかった。犠牲者の中には、イスラム教徒もいたのにイスラム教徒は、近づけない雰囲気があった。
 エジプトからアメリカに着いてから1週間後、バスと地下鉄を乗り継いで貿易センター跡地に行った。写真で見て知っていたいたが、新しいビルディングが立ち並びメモリアル博物館やいつも水が流れている2つのプールがあり、あの当時からずいぶん変わっているのにびっくりした。プールの周りには、亡くなった方の名前が彫られていた。
 高校生くらいの若者たちが、ガイドからテロがあった当時の話を熱心に聞いていた。このテロをそばで体験していた人々にとっては、昨日のことのように思い出されるのに、この高校生たちが生まれる前に起こったことなのだろうなあと思った。
 あの時から、アメリカはどのように変わったのか。旅行者の目では、表面的にしかわからないかもしれないが、探ってみたいと思う。
posted by エジプト日誌 at 05:27| Comment(0) | 日記