2020年07月10日

アメリカの医療保険

 久しぶりにブログを更新します。
 エジプト日誌ですが、米国ニューヨーク州から書いています。夫が心臓の手術をしたために米国に来ました。手術は、1か月前に行われたのにエジプトの空港が閉鎖されていたため渡米できませんでした。やっと、空港が開いてこうして来ることができました。
 さて、この手術は、保険無しで払えば1億円超えの大手術でした。夫は、20年前にも心臓の弁を替える手術を受けていました。将来、もう1つの弁も替える必要があると医者に言われました。その事もあったので、もう自営業は、やめて会社に勤め、会社に保険代の半分を払ってもらおうと求職しました。
 やっと、良い条件で雇ってくれる会社が決まり、3か月の試用期間の後に健康保険に入る手続きを始めました。皆さんも御存知の通り、米国には公的健康保険がありません。申請して受け入れてもらわなくては、なりません。なんと、保険会社に拒否されてしまいました。理由は、心臓の手術をしたことがあるからです。健康不安があるから、保険に加入しようとしているのに保険会社は、お金がかかる人を加入させないのです。そして、支払いができない人を病院は受け入れません。
 でも、ここは米国。何もない人に救いはあるのです。メディケイド(低所得者健康保険)が受けられるまで、収入を減らすことです。私の夫の場合、手術をしなければならないことがわかっていたので準備をすることができましたが、健康保険に入れない、入っていない米国人がいかに多いことか。病気を悪化させて亡くなっていることか。
 米国の豊かさは、醜い。このコロナ禍で助けてもらって有難い一方で、先進的な技術と西部劇そのままの自分の命は自分で守る精神構造の米国が怖い。


posted by エジプト日誌 at 21:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: