2018年07月30日

軍隊の訓練なしに大学を卒業させない!


 カイロ大の工学部に通う息子は、9月から大学5年生の最後の年を迎える。卒業する前に男子学生全員軍隊の訓練を2週間(12日間)受けなくては、ならない。これは、徴兵とは別物だ。


 徴兵は、18歳以上のエジプト人男子に課せられて義務だが、下記の男子は、免除される。

・兄弟が、いない男子(異母兄弟は、どうなるかは不明)

・父親が、60歳を超えている男子

・健康診断で不適格とされた男子

・国籍を2つ以上有する男子

・エジプト国籍しか有してなくても、片親が外国籍の男子

徴兵の期間は、1年から2年とされ、大卒は1年と言われている。


 軍隊の訓練に話を戻す。

 この軍隊の訓練は、毎年行われる。カイロ大では、2週間のセットが5回行われる。1回のセットに1200人が参加するので6000人の男子がこの訓練に参加することになる。私立大学を除いて、国立大学は軍隊訓練のためか学生の体力向上を狙ってか広いグランドを所有している。そこで朝730分から2時まで訓練が行われる。730分から9時までは、35度を超える炎天下の中で体力トレーニング、10時から2時までは、講義でエジプト軍隊の歴史から組織、警察と軍隊との違いや考え方などをみっちりたたき込まれる。

軍隊の歴史は、5000年前のファラオの時代かららしい。ファラオは、王様だが、軍隊の総指揮者であり、軍の先頭に立って戦った勇者だった。現代史になると、アルカイダやISに対していかにエジプト軍が戦っているかを講義されたらしい。軍隊の強い姿勢が出てると思ったのは、アルカイダやISは、テロリスト集団であることは、世界中の国々が周知しているからか、モスリム同胞団についてだけ必ずテロリストのモスリム同胞団と呼ぶらしいのだ。

カイロ大の学生の中には、今のエジプトでは非合法になってしまったがモスリム同胞団の者もいる。もし、この講義に異議を申し立てたら、軍事裁判か、卒業させないという罰が待っている。

軍隊の訓練では、「アッラー、アクバル(神は、偉大なり)」をことあるごとに言わせる。最後は、宗教で人々を束ねているのだ。



posted by エジプト日誌 at 01:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: