2017年11月04日

いろいろな国で社会科見学

 教員をしていると、観光客がめったに行かないところに行くことがある。水道局、消防署、郵便局、大使館、リサイクルセンターなどがそうである。
 どんな国でも、ありがたいことに子どもたちのために場所と時間を割いてくれる。エジプトの悪口ばかり書いているが、エジプトでも学校のために警察や軍隊以外の施設は、正式に頼めば見学させてくれる。ジュースやお菓子を出して歓待してくれる施設がほとんどだ。

 アメリカの消防署見学をしたことがある。学校の近くの消防署を訪ねると、赤い消防自動車やはしご車が並んでいた。寝るところからトレーニングするところや食べるところまですべて見せてくれた。今は、あまり使わなくなったという鉄のポールで二階からするりと降りてくるところも見せてくれた。子どもたちが拍手喝采で喜ぶと何度もやってくれた。アメリカ人のお茶目さに笑ってしまった。また、消防士に火を消しているときの気持ちをたずねると「Feel good!」とうれしそうに答えた。日本では、絶対言わないなと思った。
 そして、消防士は、アメリカ人男子のあこがれの職業なのだ。ヒーローになれるからだ。

 さて、エジプトの消防署はというと、警察の一部で警察官にならないと消防士には、なれない。したがって、消防自動車は、火だけを消さない。
革命の時には、タハリール広場に集まったデモをする市民に向かって水をかけた。熱く燃えた人々の心を消そうとした。
 その時以外は、普通の消防の仕事をしているのでほかの国の消防署と変わりはない。でも、権力側にある消防署なので軍隊が銃を持って警備を日常的にしている。エジプトは、警察、軍隊を標的にテロの危険は続いているのだ。
 エジプトの消防署見学で良いところは、はしご車に乗ってみたいや火事で使うホースで放水をしたいや火を消してみたいなどのちょっと無茶かなという要求もだしてみると何でもやらせてくれるときがあることだ。本当にイッシアラー(神の思し召しがあれば)の国だなと感じる。

 人々の生活にかかわる施設で働く人々の共通点がある。国や文化が違っても、命や生活を守る仕事をしている人々は、仕事に誇りを持ち、使命感をもっていることだ。当たり前のことのようだが、忘れてはいけないと思う。
posted by エジプト日誌 at 06:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: