2017年10月28日

ますます増える痴漢行為

 私の娘は、ヘガーブを付けています。これは、イスラム教徒の女性が頭にかぶっているスカーフのことです。人によってこのヘガーブをかぶり始める時期は違いますが、、イスラム教徒の女性のアイデンティティーでもあります。普通は、初潮を迎えるとかぶり始めます。つまり、女性がかぶり始めたら、少なくともイスラム教の男性はその女性を大人の女性としてリスペクトしなければなりません。
 娘も、かぶり始めると町の中での嫌がらせや声掛けがなくなったと言いました。ところが、最近は、かぶっていようがいまいが、男性からのいやらしい言葉掛けや痴漢行為が公然と行われるようになったというのです。女性も黙らず、痴漢行為に対して厳しく非難すると、逆切れして、あたかも女性の方が男性を誘ったような言い訳をし、周りの人々はただただ見ているだけなのだそうです。
 男性の痴漢行為について調べてみると「自分より弱い存在を支配したい」「征服したい」「じわじわいじめることで優越感を味わいたい」という勝手なストレス解消の手段のようです。
 一向によくならないエジプト経済に痛めつけられているのは、男性だけではない。自分のストレス発散を弱者に向けるやり方の断固反対する!
posted by エジプト日誌 at 19:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: