2017年08月11日

ザッバリーン〜ごみ回収を仕事とする人々〜

 大カイロ都市圏で毎日1万5000トン以上のごみが出る。行政が処理できる量のごみではない。だから、カイロいやエジプト中ごみであふれている。あの世界遺産のギザの三大ピラミッド周辺でさえもペットボトルやお菓子の袋のごみが溢れている。外国人にとっては、「世界遺産なのに〜」とショックだ。

 エジプトでは、1940年代ころから民間人がごみを集めてごみの80パーセントをリサイクルしている。ごみ集めを家業としているコミュニティーがカイロ周辺に6つもあるそうだ。

 私の仕事柄、社会科見学のための下見に行くことが多い。そこで、エジプトのごみ事情を知るためにごみ集めを家業としているコミュニティーの1つのマンシェットナセルに行った。そこには、ユネスコのカイロ支局が支援して作った「少年のためのモカッタム・リサイクル学校があった。なぜ、少年だけなのか?なぜ、無償の公教育があるのに学校を作る必要があったのか?という疑問を持って出かけた。

 マンシェットナセルは、死者の町やモハメッドアリモスクなどがある古い町の方にある。高速道路からデコボコの細い入りくねった道に入ると道の両側は、カイロの町から集められたごみがうずたかく積み上げられている。毎日40度を超えるカイロでは、ごみの悪臭は、鼻を突き気持ちが悪くなってくる。

 やっと、学校に着いた。ビルディングの1階を改造し、寄付で買ったPCにテーブルといすがあるだけの質素な教室だった。説明してくれた方は、ドイツやアメリカなどのNGOなどと交流をもつため、英語を学んだそうだ。見学に行った時も英語で説明してくれた。

 ごみ回収は、夜中の12時ころから始まり、昼の12時ころまでカイロの町を回ってごみを集めるそうだ。集めるのは、男たちで、ごみを持ち帰ると女たちがそのごみを分別する。

公立の学校は、午前中だけ開いているので小さい時から働き始めるザッバリーンの少年たちは学校に行けない。読み書きができなければ、貧しさから脱出できない。だから、このリサイクル学校は朝の8時から夜の8時まで開いている。いつ来ても学べる環境を作っているのだそうだ。

 分別されたごみは、リサイクルに回される。プラスチックのごみは、細かく粉砕され中国に送られるそうだ。そのプラスチックが、ファイバー状になってまたエジプトにもたらされる。売った時より高いものになって。

 ここに住んでいる人々が、必死で生きているのが分かる。でも、エジプト政府の援助もうけられず、長く続く不況のために企業の援助も打ち切られ、にっちもさっちもいかない状態だという。エジプトには、こんな不条理なことが多すぎる。

 帰りながら、子どもたちにここから何を教えようか思い悩みながら帰った。

posted by エジプト日誌 at 00:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: