2017年06月03日

gender role 性役割

先週、買い物をするために息子の大学の近くに行った。息子が、まだ大学にいるなら車に乗せてもらって家に帰ろうと連絡を取った。しばらくして、息子が所定の場所に現れた。
 ドアを開けると同じサークルの女性が乗っていた。息子が「ついでに乗せてあげたんだよ」と言って女性を紹介してくれた。その女性を下した後、息子が、「彼女は、お母さんが、なんか言うんじゃないかとドキドキしてたんだよ。」と言った。つまり、婚約者でも親戚でもない女性が一人で男性の車に乗ることを中年女性は不謹慎と思うかもしれないと恐れたようだ。しかも彼女は、コプト教徒(エジプトのキリスト教徒)だったので、それも気になっていたようだ。
 イスラムの国々は、性役割がはっきりしている。コーランに、女性の服装から、結婚離婚の時の子供の親権や遺産相続までこと細かく書かれているので、それに従っていくと性役割がはっきりとした社会になる。子どもの親権は父親にあり、財産分与も男兄弟の取り分が多い。アラブは夫婦別姓だが、その理由は、子供は死ぬまで父親に属するので結婚しても名前が変わらないのだ。
 イスラム教が始まった時代は戦争が多く、自然が厳しい中東では、力の強い男性の保護なくして女子供は生きていけなかった。だから、男性に有利になっているのは、生活に窮している女性を助ける義務を負っているからなのだ。残念ながら現在は、そんな神のご意思が捻じ曲げられている場合が多い。科学や社会の進歩が、多くの性役割から女性を解放してくれたとエジプトに来て思った。
イスラム教徒である私の娘が「私の中には、いろいろな価値観が入っていて時々わからなくなる。」と話す。イスラム教の男性は、一神教徒(ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒)ならば誰でも結婚できるに対して、女性は、イスラム教徒しか結婚できない。同じ宗教に越したことがないというのは、私の経験上よくわかるが、女性の選択肢は狭い。
 日本に比べると英語やフランス語などの外国語を話せるエジプト人は多い。欧米の価値観は入ってきているが、社会は相変わらず古い性役割を押し付けてくる。イスラムの女性たちは、自分の世界を広げようとしたとき、イスラム社会の性役割との葛藤をしなくてはならない。
posted by エジプト日誌 at 08:35| 日記