2016年06月19日

正直と公正がない世界

受験の話が続きます。ソナエヤアンマの化学のテストを受けた娘が、うちに帰ってきて、「今日は2人の受験生がi-phoneのウエラブルで不正をしていた」と言った。他にも、試験の最中に問題の答えを隣の受験生に聞くなど聞くに堪えないことばかりだった。カイロ大学の医学部に入るためには、8教科の平均が98.5点以上必要だ。そんな神業できるわけないと思っていたが、今日の娘の話で合点がいった。不正が行われている。でなければ、ほぼ全教科満点に近いなんてできるわけない。もちろん、そんな秀才もいるかもしれないがありえない。
 2年前にソナエヤアンマを受けた息子にも「不正を見たことがあるか」とたずねると「ある」とこたえた。「なぜ、試験官に通報しないのか」と聞くと「言っても自分の点数は変わらないから」と答えが返ってきた。通報しても何も変わらないということだろう。
15年前の子どもが言ったことを思い出した。「ママ どうしたらいい? 順番を待っている時、いつも横入りされてしまう。ルールを守っていたら、ぼくはずっと後ろで遊べないし、先生に見てもらえない。ぼくも、他の子どもみたいにした方がいいの?それとも、ずっと後ろで待ってるの?」
このときは、先生にすぐ連絡して改善してもらった。しかし、今回は無理だ。娘は、ずっと後ろで待つ方を選んだ。この国で、正直であること公平であることが尊ばれる日が来るのだろうか?
posted by エジプト日誌 at 07:41| 日記