2016年05月29日

ラマダンが始まる!

 イスラム教徒が断食を行う約1カ月間を「ラマダン」という。この期間、日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝する。今年のラマダンは、去年より11日早い6月6日頃始まる。太陰暦でサイクルするので毎年日程が変わるのだ。6日頃というのも、新月を確認してから始まるので不確かなのだ。イスラム教徒以外からするとなんて悠長ななんて思ってしまうだろう。ちなみに6月6日の断食の始まりは、午前3時、終わりは、夕方の6時54分のようだ。
 エジプトのイスラム教徒たちは、ラマダンを前に何となくそわそわし出している。スーパーマーケットには、ラマダン料理やお菓子を作る材料が山のように積まれ、それをお客が山のようにカートに積んで買っていく。買う量が半端じゃない。米、油、小麦粉、砂糖など箱買いなのだ。エジプトに来たばかりの頃は、ラマダンの断食明けの食事イフタールは、家族や親戚や友だちなどを招いて食べるのでそれだけ必要なのかと思っていた。しかし、この買い物は、貧しい人への寄付品だった。
 ラマダン中は、自分の行いや言葉を慎み、空腹に苦しむ貧しい人に共感し、空腹に打ち勝つ精神力を培わなければならない。また、自分の収入の純利益の2パーセントを貧しい人々に寄付しなければならないので、ラマダンの間は、貧しい人々が無料で食べられる屋台があちこちに現れる。イスラム教徒にとってラマダンが苦しいのではなく、楽しい期間である理由だろう。
一方、ラマダン中は、仕事が止まる。飲食をしていないので、もともと几帳面に仕事をしない人々がさらに輪をかけていい加減になる。車の運転は、要注意だ。特に夕方。禁煙もあってほとんどの運転手はイライラしている。運転が荒くなる、空腹で眠くなるなど外に出るなら断食明けを勧める。
 ラマダンの始まりは、いろいろなことが起こる。健康上、問題があるのに断食を始めて倒れる、気が荒くなってけんかを始める、交通事故を起こすなど、神が人々を試しているのではないかと思うことが起こる。
この国に来てラマダンをやってみて分かったことがある。ラマダンの1番の目的は、イスラム教徒であることを身体と心に擦り込むことだ。イスラム教の子どもたちは、ラマダンを体験する度にイスラム教徒になっていく。

追伸:今週は、比較的涼しく 31,2度 高くても36度くらいで過ごしやすかったです。信じられないと思いますが、私の家にはエアコンがありません。扇風機だけです。暑いときは、窓を閉め切り、外気を入れません。貧乏って辛いです。ラマダンやらずとも 貧しい人の生活分かります。
posted by エジプト日誌 at 16:35| 日記