2018年01月06日

義父の葬儀

12月初旬に義父が亡くなくなりました。カイロの北西350キロに位置するマルサマトロウワに葬儀のために行きました。義父は、77歳で風邪をこじらせて突然亡くなりました。

 夫のルーツは、マルサマトロウワのベドウィン(遊牧民)なのでベドウィン方式のイスラム教形式で葬儀が行われました。夫と義弟が喪主となり、 昼12時から夜12時まで 3日間弔問客を迎え、食事を振舞いました。そのために羊を4頭屠りました。3日間で1000人くらい訪れたそうです。 義父は、マトロウワの市長をしていたことや大きな部族出身なので1000人も集まったのでしょう。カイロやアレキサンドリアでの葬儀は普通、1日場所を借りコーランを流して、弔問客を受け入れるのが普通で食事は、出しません。

 葬儀の場所は、叔父の家を借りました。親戚のほとんどは、もう遊牧生活をしておらず、都市生活を送っていますが、叔父は、ベドウィンの女性と結婚し、冠婚葬祭などの行事はベドウィンの伝統を守っています。この叔父と兄弟なのに義父は、アレキサンドリア出身の義母と結婚し、普通の生活をしていたのが不思議でした。

 弔問客は、男女別々の部屋に分かれます。私は、女性の部屋にただただ座っているだけでしたが、義母は、女性弔問客の相手をずっとしていました。ベドウィンの女性たちは顔や手や足にタトゥーがあったり、カイロやアレキサンドリアとは違うベドウィンのアラビア語をしゃべったり、義母の苦労が少しわかりました。

 家族も知らなかったのですが、義父は、孤児たちに毎月お金を渡して助けていました。その孤児たちが、弔問に来てわかりました。定年退職するとき、孤児院を作ろうとしていましたが援助してくれる企業を失いその話は流れてしまいました。きっと、そこに入るはずだった子供たちを助けていたのでしょう。義父は口下手な人であまり話さなかったのが残念でした。

この葬儀で、イスラム教徒として最後にお世話になった人や貧しい人に食事を振舞え、義父は喜んでいるのではないかと思いました。


posted by エジプト日誌 at 04:55| Comment(0) | 日記

2017年12月25日

偏見

 私の息子は、以前も書いたようにEUの政治機構や法制度を学ぶ学生サークルに入っている。定期的にセッションを行い、テーマを決めて一般学生に自分たちの活動の広報を行っている。

 つい最近行われたテーマは、「prejudice(偏見)」でした。集まった大学生50人ほどにアンケートを取って、内なる偏見を探りました。アンケートの内容は、5つの場面を想定して、(ドアを開けてあげなくてはならない時、一緒に待たなくてはならない時など)その場面に居合わせたのが異性、同性、老人、子供、太った人、痩せている人、障害者、ホモセクシャルの人など、1から5までの点数制で不快感があるほど点数が上がるという風に答えてもらったらしい。

 エジプト人が、考える1番一緒にいて不快感を感じるのは、ホモセクシャルの人だった。理由は、自然ではないからという回答が多かった。1番不快感を感じないのが、太った人だった。エジプト人は、太った人が多いので自然なのかもしれない。

 この国では、ホモセクシャルは、差別されている。新聞に載っていた記事で、男性同士で結婚しようとしたところ参列者まで警察に捕まった。また、ホモセクシャルは徴兵でもはじかれる。つい最近まで男性版バージンチェックのようなことを徴兵のための健康診断でやっていたらしい。もし、ケチがつけば書類に記録され、就職する際に徴兵検査の記録を提示しなければならないのでエジプトでは一生まともな扱いをされなくなる。

 どんな国にも、どんな宗教の人でも、どんな人種にも、どんな性別でも、このようなマイノリティーは、いる。こんなに抑圧されている国でも、毎週水曜日にあるクラブに集まるなどという話も聞く。

 世界では、このような人々に対する偏見をなくしていこうとしているが、エジプトでは、偏見をなくさなければならないという考えにたどり着くまで1000年は、かかる気がする。

posted by エジプト日誌 at 21:25| Comment(0) | 日記

2017年11月04日

いろいろな国で社会科見学

 教員をしていると、観光客がめったに行かないところに行くことがある。水道局、消防署、郵便局、大使館、リサイクルセンターなどがそうである。
 どんな国でも、ありがたいことに子どもたちのために場所と時間を割いてくれる。エジプトの悪口ばかり書いているが、エジプトでも学校のために警察や軍隊以外の施設は、正式に頼めば見学させてくれる。ジュースやお菓子を出して歓待してくれる施設がほとんどだ。

 アメリカの消防署見学をしたことがある。学校の近くの消防署を訪ねると、赤い消防自動車やはしご車が並んでいた。寝るところからトレーニングするところや食べるところまですべて見せてくれた。今は、あまり使わなくなったという鉄のポールで二階からするりと降りてくるところも見せてくれた。子どもたちが拍手喝采で喜ぶと何度もやってくれた。アメリカ人のお茶目さに笑ってしまった。また、消防士に火を消しているときの気持ちをたずねると「Feel good!」とうれしそうに答えた。日本では、絶対言わないなと思った。
 そして、消防士は、アメリカ人男子のあこがれの職業なのだ。ヒーローになれるからだ。

 さて、エジプトの消防署はというと、警察の一部で警察官にならないと消防士には、なれない。したがって、消防自動車は、火だけを消さない。
革命の時には、タハリール広場に集まったデモをする市民に向かって水をかけた。熱く燃えた人々の心を消そうとした。
 その時以外は、普通の消防の仕事をしているのでほかの国の消防署と変わりはない。でも、権力側にある消防署なので軍隊が銃を持って警備を日常的にしている。エジプトは、警察、軍隊を標的にテロの危険は続いているのだ。
 エジプトの消防署見学で良いところは、はしご車に乗ってみたいや火事で使うホースで放水をしたいや火を消してみたいなどのちょっと無茶かなという要求もだしてみると何でもやらせてくれるときがあることだ。本当にイッシアラー(神の思し召しがあれば)の国だなと感じる。

 人々の生活にかかわる施設で働く人々の共通点がある。国や文化が違っても、命や生活を守る仕事をしている人々は、仕事に誇りを持ち、使命感をもっていることだ。当たり前のことのようだが、忘れてはいけないと思う。
posted by エジプト日誌 at 06:02| Comment(0) | 日記